アコログ

アコギの弾き語りを趣味で楽しみたい初心者向けのブログです。ネットでの独学だけで弾けるように情報をシェア!

初心者向けの練習方法

アコギ初心者がバレーコードを鳴らすには?押さえ方のコツとアドバイス

投稿日:2017年1月25日 更新日:

ギター初心者に向けて、Fのようなバレーコードをキレイに鳴らすコツを紹介します。

人差し指の位置など参考にどうぞ(*・ω・)ノ

おまけで弾けるようになった頃の実話も載せときました。

今鳴らなくても全然OK!ゆっくり頑張りましょう。

Fコードを押さえるコツ

  • 硬くなった部分を上手く使う
  • 第1関節の位置をずらす

人によるかもしれませんが、筆者の場合は第2関節の辺りが一皮むけて硬くなりました。

分かりやすいように画像処理したのがこちら↓↓↓

バレーで鳴りにくいのは第1関節がちょうど当たる弦です。

それをズラして押さえるのがポイント。

例えばFコード↓↓↓

人差し指が担当するのは1、2、6弦だけですよね。

指板からハミ出して押さえると第1関節が邪魔しません。

さらに硬くなった第2関節が1、2弦の位置にくるので軽い力で押さえられます。

どのバレーコードもこんな理屈で押さえると意外と簡単です。

個人的にBm7が難しい!

Fコードは人差し指の中間を浮かせても良いので、押さえやすい部類だと思うんですよね。

個人的に難しいのはBm7(ビーマイナーセブン)です。

とてつもなく3弦が鳴らしにくい!

5弦から押さえるのがベストですが、そうすると第1関節が3弦の位置にきてどうあがいても鳴らないのです(⊃ω-`

筆者はFと同じく、6弦から押さえて弾かないようにすることで解決してます。

指の長さやギターの太さによるので自分なりに工夫するのも大事なことです。

バレーコードばかりに時間をかけると楽しくないし、趣味でアコギを弾くだけなら気楽にいきましょう!

こべんてん
ジャカジャカ弾いたら細かい違いなんて分からないよ!

カポをつけてバレーコードを弾いてみよう

アコギの1フレット付近は押さえる力が必要で大変ですよね。

カポを3フレット辺りに付けて練習すると押さえやすくて良いかもしれません。

よく使う道具なのでお持ちでなければサウンドハウスで揃えましょう!お問い合わせも丁寧な大手通販サイトですよ~。

カポで歌いやすいキーにして弾き語ろう↓↓↓

Fコードが弾けるようになった体験談

何曲もおつまみ程度に練習していたら、いつの間にかできるようになっていました。

これといった特別な練習をしたワケでもなく、キレイに鳴らなくても他のコードと同じように押さえていたら弾けるようになったんですよね。

コードチェンジが上達した頃には人差し指の側面がむけ、そして皮が厚く(硬く)なると軽い力で押さえられるようになった記憶があります。

Fコードが弾けないからといって立ち止まってはいけません。

実体験からいえるのは、鳴らなくても他のコードを練習してれば自然と弾けるようになるということ。

皮の硬さと握力が必須で、それを身に付けるためには前進あるのみなんです。

コードチェンジをバランスよく練習して自然と身に付けるのが上達の近道だと思います。

筆者がやってきた練習方法はこちらをご覧ください↓↓↓

こべんてん
練習方法はトップページや関連記事からどうぞ↓↓↓

-初心者向けの練習方法
-, ,

★おすすめの大手通販サイト

弦やカポなど、ギター用品はサウンドハウスにお任せあれ。

お問合せの対応も丁寧だから、これからアコギを始める初心者さんもぜひご利用くださいませ。

★読み放題サービスを賢く活用

アマゾンのkindle unlimitedで電子書籍が読み放題に。

30日の無料期間中に教本や漫画を読み漁ろう!

★ブログの話とおすすめ記事

1

アコギに興味がある人、今日からアコギを始める人、アコギを持ってるけど挫折して何も弾けない人。 そんなアコギ初心者のあなたが、1曲でも弾けるように情報シェアしていくのがこのブログの役目です。 2017年 ...

2

教本を1冊だけ買うくらいなら、月額980円(税込み)でいろんな本を読み漁った方がお得だと思いませんか。 アマゾンの「kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)」というサービスを利用す ...

Copyrighted Image

Copyright© アコログ , 2019 All Rights Reserved.