アコログ

アコギの弾き語りを趣味で楽しみたい初心者向けのブログです。ネットでの独学だけで弾けるように情報をシェア!

ギター初心者の練習方法

アコギ初心者向けDコードの押さえ方!1弦を鳴らすコツ

投稿日:2019年10月27日 更新日:

Dコードの1弦が鳴らない!

そんなギター初心者さんに向けて、押さえ方やコツを書きました。

キレイに鳴らないのは、ギターを弾く指になってないのが原因かもしれません。

両手を比較してみたので参考にどうぞ。

こべんてん
毎日練習して指を鍛えよう!

Dコードの押さえ方!1弦を鳴らすコツ

これは一番よく見かけるであろう、4弦ルートのDコードです。

「端っこで逆三角形を作る」と考えれば覚えやすいかな。

1弦が鳴るように薬指をしっかり立てるのがコツ↓↓↓

こべんてん
フレットの近くを押さえてね!

立てるといっても、特にアコギは押さえる力が必要だし、初心者さんは難しく感じることでしょう。

どのコードも指の皮が厚くなると押さえやすくなります。

指先より爪がハミだしてるのは、まだまだギターを弾く指になってない証拠です。

両手を比べるとこのくらい違いがあります↓↓↓

筆者も初心者の頃は、ギターに向かない手なんじゃないかと思ってました( ºωº )

鳴らなくても何度も押さえていれば、皮が厚くなって左手のようになるので安心してください。

今鳴らないのは右手のような状態だからだと思います。

まだあきらめるのは早いですよ!

Dコードに慣れてきたらストロークも意識しよう

6、5弦を鳴らさない押さえ方なので、3弦から弾くイメージでピッキングすると、4弦にかすってちょうどいいくらいになります。

6、5弦を親指でミュート(鳴らないように)するんですが、

Dコードだけで練習しても実践的じゃないので、コードチェンジしながら考えるようにしましょう。

ちなみに5弦の音は3弦で押さえている音と同じなので、多少鳴ってもおかしくなりません。(濁った音になる)

6弦は不要な音なので、完全に消した方がキレイに聞こえます。

まずは親指で6弦の音が消せるように練習しましょう。

Dコードのこんな押さえ方も

これは5弦ルートのバレーするDコードです。

バレーコードは同じ形のままフレット移動するだけでいろんなコードになります。

それゆえ、コード進行的にこう押さえた方が簡単に弾ける場合があって便利なんです。

2フレットで押さえるとBコードになる↓↓↓

バレーコードの仕組みについては別記事に書きました↓↓↓

この形が難しければ音を省略して、バレーしない形で弾くこともできます。

最後の押さえ方は4弦を開放弦にしてもOK↓↓↓

こべんてん
最初の押さえ方はパワーコードの形だね

音が薄っぺらくなるものの、これでもちゃんとDコードの音が鳴ってくれます。

省略コードは基本形が押さえられてこそです。

まずは4弦ルートのDコードをしっかり押さえられるように練習してくださいね。

こべんてん
ギターの練習方法はトップページや関連記事からどうぞ↓↓↓

-ギター初心者の練習方法
-,

★おすすめの大手通販サイト

弦やカポなど、ギター用品はサウンドハウスにお任せあれ。

お問合せの対応も丁寧だから、これからアコギを始める初心者さんもぜひご利用くださいませ。

★読み放題サービスを賢く活用

アマゾンのkindle unlimitedで電子書籍が読み放題に。

30日の無料期間中に教本や漫画を読み漁ろう!

★ブログの話とおすすめ記事

1

アコギに興味がある人、今日からアコギを始める人、アコギを持ってるけど挫折して何も弾けない人。 そんなアコギ初心者のあなたが、1曲でも弾けるように情報シェアしていくのがこのブログの役目です。 2017年 ...

2

教本を1冊だけ買うくらいなら、月額980円(税込み)でいろんな本を読み漁った方がお得だと思いませんか。 アマゾンの「kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)」というサービスを利用す ...

Copyrighted Image

Copyright© アコログ , 2020 All Rights Reserved.