アコログ

アコギの弾き語りを趣味で楽しみたい初心者向けのブログです。ネットでの独学だけで弾けるように情報をシェア!

ギター初心者の練習方法

アコギ初心者に向けたブリッジミュートとカッティングのやりかた!

投稿日:2019年1月26日 更新日:

ブリッジミュートやカッティングを入れると、ギターがもっと楽しくなります!

ある程度曲が弾けるようになったら取り入れてみましょう。

弾き方の参考動画を載せたので、よく見て聞いて練習してみてください。

まだまだこれからって初心者さんも知識だけは知っておくと良いですよ~!

サビだけですが、ブリッジミュートやカッティングの雰囲気が分かるように、aikoさんの「カブトムシ」で録音しときました。

こべんてん
弾ける曲を使って練習だ!

ブリッジミュートの弾き方!音が鳴らないように手をそえよう

aikoさんのカブトムシでブリッジミュートするとこんな感じに↓↓↓

こうやって弾き語ってるのを聞いたことありませんか?

Aメロをブリッジミュートで静かに入って、サビをジャカジャカして盛り上げると雰囲気がでてイイね!

弾き方はブリッジ付近に右手を置き、音が鳴らないようにダウンストロークするだけです。

音もよく聞いて真似してみてください↓↓↓

カッティングのやり方!チョップしてミュートしよう

カッティングとはストローク中に音をカット(ミュート)して弾く奏法のことです。

カブトムシのサビでカッティングするとこんな感じに↓↓↓

6弦辺りをチョップして弦をフレットに叩きつけるか、チョップの後にすぐピッキングするとチャッという音が鳴ります。

ノリを出したい時はカッティング+チャッという音で弾くとイイです。

音をミュートする方法がいくつかあるんですが、録音で使ったのはこんなやりかた↓↓↓

ストロークでジャ~ンと鳴らしたあとに、チョップで音を止める練習をしましょう。

弦に対して垂直でなくとも、斜めにチョップしてもカッティングできることは参考までに。

人によると思うので、上手くできる角度を見つけてくださいね。

左手でミュートしてカッティングすることも

バレーコードの時なんかは押さえた指の力を抜けば、左手でもミュートできます。

Fコードなどを使ってストローク中に力を入れたり抜いたりしてみてください。

それだけでもカッティングになるんですよ↓↓↓

これは初心者でもできるテクニックだから使ってみてね!

アコギの弾き語りじゃあまりやらないけど、1音だけ鳴らして残りの弦をミュートなんてことも左手を極めればできます。

こっちは難しいから頭の片隅にでも入れといてください。

ということで、筆者からのアドバイスはこんなもんです。

1曲丸ごとブリッジミュートやカッティングを使って弾いてみるといい練習になります。

普通にストロークするだけじゃ単調になってしまうから、ぜひマスターしてカッコよく弾けるようになってくださいね!

こべんてん
ギターの練習方法はトップページや関連記事からどうぞ↓↓↓

-ギター初心者の練習方法
-, , ,

★おすすめの大手通販サイト

弦やカポなど、ギター用品はサウンドハウスにお任せあれ。

お問合せの対応も丁寧だから、これからアコギを始める初心者さんもぜひご利用くださいませ。

★読み放題サービスを賢く活用

アマゾンのkindle unlimitedで電子書籍が読み放題に。

30日の無料期間中に教本や漫画を読み漁ろう!

★ブログの話とおすすめ記事

1

アコギに興味がある人、今日からアコギを始める人、アコギを持ってるけど挫折して何も弾けない人。 そんなアコギ初心者のあなたが、1曲でも弾けるように情報シェアしていくのがこのブログの役目です。 2017年 ...

2

教本を1冊だけ買うくらいなら、月額980円(税込み)でいろんな本を読み漁った方がお得だと思いませんか。 アマゾンの「kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)」というサービスを利用す ...

Copyrighted Image

Copyright© アコログ , 2020 All Rights Reserved.