アコログ

アコギの弾き語りを趣味で楽しみたい初心者向けのブログです。ネットでの独学だけで弾けるように情報をシェア!

初心者向けの練習方法

アコギ初心者向けバレー系マイナーセブンスを全弦キレイに鳴らすコツ

投稿日:2019年3月18日 更新日:

簡単そうに見えて、全ての弦を鳴らすのが難しいコードってありますよね。

その代表が個人的にバレーコードのマイナーセブンスだったりします。

たとえば6弦ルートのFm7やGm7↓↓↓

Fの感覚で押さえるとどうしても4弦が鳴りません。

5弦ルートのBm7とかも3弦が鳴らないクセモノです↓↓↓

原因は4弦や3弦が第1関節の隙間に入るからなんですよね。

筆者の解決方法はこちら(現在は追記で載せた省略コードを使ってます)↓↓↓

マイナーセブンスを押さえるコツ

鳴ってない弦に第1関節が当たらぬよう人差し指をずらして、さらに斜めに押さえるようにしてます。

これで全弦鳴るようになりました。

とくにBm7は斜めに押さえると鳴らしやすいのでお試しください。

人差し指はまっすぐじゃなく、弧【⌒】の形で置いてるのもポイントですよ!

そして手首を前に出す意識を↓↓↓

押さえ方は手の大きさによるので、指や手の角度を少しずつずらしていって、キレイに鳴るポジションを見つけましょう。

人差し指をずらすことで逆に苦労することも

下のようなマイナーへのコード進行の時に今度は5弦が鳴らなくなるんですよね。

人差し指を固定して押さえるだけなら簡単なんですけど、微妙に位置を変えなきゃいけなくて慣れが必要だったり。

ぶっちゃけジャカジャカやれば1音くらいならごまかせます。

でも、アルペジオをキレイに響かせるならこういう細かいところを鳴らせるようにしないとね。

aikoさんの「恋をしたのは」にこのコード進行が出てきます。

先日弾き語ってみたんですが、低音弦を響かせるのってやっぱり難しいです(⊃ω-`

アコギを買ったばかりの初心者さんは、キレイに鳴らなくても気にしすぎないように。

いろんなコードを練習してると指の皮がむけて厚くなります。

鳴り始めるのはその頃なので、簡単なローコードもまぜながらバランスよく練習しましょう(*・ω・)ノ

マイナーセブンスの省略コード(追記)

2本の指を使ってこんな押さえ方でもOK。

こっちの方が7度(m7)がしっかり鳴ってよい!

1弦も1度の音が被ってるので×(ミュート)にできます↓↓↓

数字は度数です。詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓↓↓

こべんてん
練習方法はトップページや関連記事からどうぞ↓↓↓

-初心者向けの練習方法
-, ,

★おすすめの大手通販サイト

弦やカポなど、ギター用品はサウンドハウスにお任せあれ。

お問合せの対応も丁寧だから、これからアコギを始める初心者さんもぜひご利用くださいませ。

★読み放題サービスを賢く活用

アマゾンのkindle unlimitedで電子書籍が読み放題に。

30日の無料期間中に教本や漫画を読み漁ろう!

★ブログの話とおすすめ記事

1

アコギに興味がある人、今日からアコギを始める人、アコギを持ってるけど挫折して何も弾けない人。 そんなアコギ初心者のあなたが、1曲でも弾けるように情報シェアしていくのがこのブログの役目です。 2017年 ...

2

教本を1冊だけ買うくらいなら、月額980円(税込み)でいろんな本を読み漁った方がお得だと思いませんか。 アマゾンの「kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)」というサービスを利用す ...

Copyrighted Image

Copyright© アコログ , 2019 All Rights Reserved.