アコログ

ネットでの独学だけでアコギを弾き語るために!初心者のための練習方法を紹介します

初心者向けの練習方法

アコギ初心者のハイコードの使いどころ!コード進行を楽にする方法

投稿日:2017年1月30日 更新日:

テンポが速くて手が追いつかないコード進行ってありますよね。そんな時はハイコードを使って簡単にしてみましょう。

「シュガーソングとビターステップ」のサビを例にハイコードの使いどころを紹介します。

バレーコードが弾けるようになったら、ぜひ活用してみてください。

ハイコードとは

簡単に書くとこれがローコード↓↓↓

これがハイコード↓↓↓

ハイコードはほとんどがバレーコードになりますが、同じ形のままフレット移動するだけであらゆるコードを弾ける優れものです。

その特徴を活かせば忙しいコード進行も楽に弾けるようになります。

例えば「シュガーソングとビターステップ」のサビ部分。Uフレットの楽譜だと以下のようになっています。

Am→B7→Em→D#m→Dm→G7
甘くて苦くて目が回りそうです

原曲のテンポでD#m→Dm→G7をローコードを含めて弾くのは非常に難しいです。

ところが、この部分を全てハイコードで弾くとコードチェンジがとても楽になるのです。

もとのコードダイヤグラムはUフレットをご覧ください。

押さえてみればどれだけ楽になるのか分かるはず。

これがハイコードの使いどころです。

変える際はコードブックや、サイトで調べればOK。夏林さんのハイコード表がまとまっていておすすめ。

縦に見ると同じ形のままフレットをずらしていることに気づくと思います。

CDEFGAB=ドレミファソラシ、そして♯や♭がピアノでいう黒鍵だと分かれば自分で見つけるのも簡単なんですよ。

押さえ方を変えると音の響きが変わっちゃいますが、弾いてみて違和感がなければ採用しましょう!

以上、ハイコードの使いどころでした(*・ω・)ノ

バレーコードが弾けるようになったらぜひ使ってみてください。

★弁天おすすめの通販サイト

弦やカポなど、ギターアイテムはサウンドハウスにお任せあれ。

お問合せの対応も丁寧だから、これからアコギを始める初心者さんもぜひご利用くださいませ。

★初心者限定!質問はこちらへ

1

アコギに興味がある人、今日からアコギを始める人、アコギを持ってるけど挫折して何も弾けない人。 そんなアコギ初心者のあなたが、1曲でも弾けるように情報シェアしていくのがこのブログの役目です。 2017年 ...

-初心者向けの練習方法
-, ,

Copyrighted Image

Copyright© アコログ , 2019 All Rights Reserved.