アコギ初心者のハイコードの使いどころ!コード進行を楽にする方法

テンポが速くて手が追いつかないコード進行ってありますよね。
そんな時はハイコードを使って簡単にしてみましょう。

「シュガーソングとビターステップ」のサビを例にハイコードの使いどころを紹介します。
バレーコードが弾けるようになったら、ぜひ活用してみてください。

ハイコードとは

簡単に書くとこれがローコード↓↓↓

これがハイコード↓↓↓

ハイコードはほとんどがバレーコードになりますが、同じ形のままフレット移動するだけであらゆるコードを弾ける優れものです。
その特徴を活かせば忙しいコード進行も楽に弾けるようになります。

例えば「シュガーソングとビターステップ」のサビ部分。
Uフレットさんの楽譜だと以下のようになっています。
Am→B7→Em→D#m→Dm→G7
甘くて苦くて目が回りそうです

原曲のテンポでD#m→Dm→G7をローコードを含めて弾くのは非常に難しいです。
ところが、この部分を全てハイコードで弾くとコードチェンジがとても楽になるのです。

もとのコードダイヤグラムはUフレットをご覧ください。

押さえてみればどれだけ楽になるのか分かるはず。
これがハイコードの使いどころです。

変える際はコードブックや、サイトで調べればOK。
夏林さんのハイコード表がまとまっていておすすめ。
縦に見ると同じ形のままフレットをずらしていることに気づくと思います。
CDEFGAB=ドレミファソラシ、そして♯や♭がピアノでいう黒鍵だと分かれば自分で見つけるのも簡単だったり。
理論的な話になるのでここでは詳しく書きません

押さえ方を変えると音は同じでも響きが変わるので、弾いて違和感がなければ採用しましょう。

以上、ハイコードの使いどころでした(*・ω・)ノ
バレーコードが弾けるようになったらぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
★コメントはツイッターでお願いします。
★ゲームブログ「無垢ログ」も絶賛稼働中!
スポンサーリンク