アコログ

アコギの弾き語りを趣味で楽しみたい初心者向けのブログです。ネットでの独学だけで弾けるように情報をシェア!

初心者向けの練習方法

Fをバレーしない省略コードに!ギター初心者が中級者になるための度数の話

投稿日:2019年6月19日 更新日:

アコギ初心者も、ある程度弾き語れるようになったら度数について考えるようにしましょう。

コードネームは1、m2、M2、m3、M3、4、♭5、5、m6、M6、m7、M7というどの度数を押さえているかによって決まります。

コードを押さえた時に同じ度数が被っている場合は、省略したとしても1つ残せばコードネームは変わりません。

こべんてん
余計な度数が入らないようにミュート(×)も駆使してね!

たとえばFコードをこう省略したり(4弦ルート)↓↓↓

5度を省略してありますが、1度も3つあるので1弦を×にしてもOK!

薄っぺらい音でもイイなら省略可能です。

YouTubeでたまに見かけるこの押さえ方もマイナーセブンスの省略形だったり(画像はCm7)↓↓↓

しばらく謎だったんですが、度数を勉強してスッキリしました!

ちなみに筆者は中指で1度(ルート)、人差し指で残りをバレーして押さえてます。さらに1弦を×にも。

バレーした時の4弦ってホントに鳴りにくくて困ってたんですが、これで7度の音がしっかり出るようになってハッピーです。

セブンスコードは7度が響いてこそだし、鳴らない人にはこの押さえ方を試してもらいたい!

C(ド)をルートにした場合の度数の配置

たとえばルート(1度)がF(ファ)になったとしても、1度の上下に45といった数字の並び方は変わりません。

なので1度の周りに何度があるのか、それを覚えるだけでOK!

2弦だけ1フレットずれることに注意してください。

次のような考えで見ればそんなに複雑じゃないってことが分かるかと。

  • 1度(ルート)はコードを押さえた時の一番低い音
  • 71、34の特徴的なブロック
  • 6弦と1弦の並び方は全く同じ
  • コードを押さえた時の度数の位置は、同じフォームなら別のルートにしても変わらない

コードフォームと度数を合わせて覚えておけば、コードを押さえるだけで3つ以上の度数がすぐに分かります↓↓↓

こべんてん
5度はパワーコードを思い浮かべよう!

さらにオクターブの位置関係を知ってると同じ音がすぐ判明します↓↓↓

オクターブの位置関係を確認しよう!(1度以外も同じ)

1、2弦から探すパターン1とそれ以外の弦から探すパターン2を知ってると楽です。

間に入る弦の数を意識すると覚えやすいかも。何度も押さえて形で覚えましょう。

パターン1とパターン2を違う弦で使うと1フレットずれることは参考までに↓↓↓

コードを押さえて度数を見つける方法として、CAGED(ケイジドシステム)なんてのもあるんですが、この記事では書かないので気になったらググってみて!

1本の弦だけ見ると1、m2、M2、m3、M3、4、♭5、5、m6、M6、m7、M7と並んでいます。(画像はMを省略)

1、M2、M3、4、5、M6、M7、1と鳴らせばドレミファソラシドというメジャースケールを弾いたことになります。

指板上のどこからでも上下左右に動いてドレミファソラシドが弾けるのでお試しを。

コードによって押さえる度数が決まっている

C~Bのメジャーコードは1、M3、5度だけを使うコードで、マイナーコードはM3をm3度にする(1フレット下げる)と完成。

これにm7度やM7度を加えればセブンス、メジャーセブンス(△7とも書く)コードになります。

CmM7というコードはCmにM7を加えたコードだから、1、m3、5、M7を押さえれば完成です。

指が足りなくて仕方なく省略する場合もあります。

たとえばC7は1、3、5、m7を押さえますが、一般的なローコードだと5度を省略↓↓↓

m7度がしっかり鳴ればC7の響きが感じられるからOK!

初心者に馴染みのないテンションコードも紹介しておきましょう。

1、3、5、7度に2度=9th、4度=11th、6度=13thを加えればナインス、イレブンス、サーティーンスの完成です。

add9(アドナインス)は1、3、5度に2度=9thを加えます。

sus4、dim、augなどの小難しいコードも、度数に基づいて名付けられているんです。

そう考えるとコードって結構簡単なもんでしょう??

指板上の度数を知ってれば複雑なコードも怖くありません!

度数が分かると外れた音を弾きにくくなる

こんなことやりたいと思いませんか↓↓↓

度数を知ることによって、指板上のどこからでもドレミファソラシド(メジャースケール)が弾けるようになります。

それができないと動画のようなシャレたことをやる時に当てずっぽうになってしまうのです。

度数(スケール)の知識はギターソロやアドリブ演奏のほか、曲のキーを見つける手助けにもなります。

もっと詳しく知りたい人はリッキーさんの動画で勉強を↓↓↓

ギター中級者への第1歩だと思って勉強してみると、新たな道が開けると思いますよ。

ギターを普通に弾くだけじゃ物足りなくなったら、音楽理論を学んでいろんなテクニックを身につけていきましょう(*・ω・)ノ

こべんてん
練習方法はトップページや関連記事からどうぞ↓↓↓

-初心者向けの練習方法
-, , ,

★おすすめの大手通販サイト

弦やカポなど、ギター用品はサウンドハウスにお任せあれ。

お問合せの対応も丁寧だから、これからアコギを始める初心者さんもぜひご利用くださいませ。

★読み放題サービスを賢く活用

アマゾンのkindle unlimitedで電子書籍が読み放題に。

30日の無料期間中に教本や漫画を読み漁ろう!

★ブログの話とおすすめ記事

1

アコギに興味がある人、今日からアコギを始める人、アコギを持ってるけど挫折して何も弾けない人。 そんなアコギ初心者のあなたが、1曲でも弾けるように情報シェアしていくのがこのブログの役目です。 2017年 ...

2

教本を1冊だけ買うくらいなら、月額980円(税込み)でいろんな本を読み漁った方がお得だと思いませんか。 アマゾンの「kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)」というサービスを利用す ...

Copyrighted Image

Copyright© アコログ , 2019 All Rights Reserved.