アコギ初心者のコードチェンジ練習法!キテレツ大百科「はじめてのチュウ」のサビがおすすめ

弾き語り初心者はサビを弾いてコードを覚えるのが効果的です。
筆者は1ヶ月近くこの練習をして何曲も弾けるようになりました。
基本にとらわれず、楽しく上達しましょう!

今回はキテレツ大百科の「はじめてのチュウ」を紹介します。
C、F、G、Dm7、Em、Fm、Am、A7を習得してください(*・ω・)ノ

押さえ方、握り方の基本はこちらの記事を参考に↓↓↓
意外と難しいCコードを例に押さえ方のコツと握り方を紹介!初心者のアコギ練習法

ストロークは1回ずつ

今回は夏林さんのコード譜を使います。
カポを4フレットに付けることをお忘れなく。

押さえ方とコード譜はこちら

C→Em
はじめてのチュウ~(歌い出し)
Am→Em
F→Fm→Em→A7→Dm7→G
C→Em
Am→Em
F→Fm→Em→A7→Dm7
G→C

弾き始めは「チュウ」からです。
コードチェンジがスムーズにできるまではジャカジャカしないこと。
次のように右手のストロークを1回ずつで練習しましょう↓↓↓

自分のレベルに合わせてテンポをゆっくりにしてください。
そのテンポを途中で変更せず、最後まで一定の速さで弾けるように頑張りましょう。
鼻歌を歌いながら曲に聞こえてきたら合格です!

できることならアプリなどでメトロノームをカチカチさせてリズムをとってください。
今回なしで録ってみましたが、やはりずれています。
体感だけでやるとこうなるのでメトロノームは大切なのです。
歌ってみるとそのずれに気づくはず

Dm7の押さえ方

コードダイヤグラムだと人差し指で1、2弦をバレーするように書かれていますが、人差しと中指を使って押さえてもいいです。
筆者は指が短いのか、未だにバレーで押さえると3弦がキレイに鳴りません。
人それぞれなので、好きな方で練習してください。

もしかしたらピックが上達を妨げているかも??
こちらの記事も参考にどうぞ↓↓↓
ピックより爪弾きの方が上達が早い??初心者のアコギ弾き語り練習法

夏林さんはYouTubeで初心者向けの弾き語り講座をアップしている方です。
講座動画を見て真似る生活は練習として最適なので、ぜひ視聴してみてください。
ちなみに2ヶ月で上達したのは動画講座のおかげでもあります!

それでは練習頑張ってください(*・ω・)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
★コメントはツイッターでお願いします。
★ゲームブログ「無垢ログ」も絶賛稼働中!
スポンサーリンク