アルペジオの弾き方と基本!最初に鳴らす音や順番は??アコギ初心者の練習法

アルペジオが弾けると演奏の雰囲気がガラッと変わります。
慣れたら簡単なので、初心者の方もある程度弾けるようになったら練習してみてください。
筆者は指弾き派ッ

3つの基本さえ知っていれば、自由にやってもそれなりに聞こえちゃいます。
それゆえ、筆者は特別な練習をせずとも、何故か弾けるようになっていました。
今回もおすすめの動画を紹介するので真似してやってみましょう。

アルペジオの基本

親指:6~4弦、人差し指:3弦、中指:2弦、薬指:1弦を担当するのが一般的な4フィンガー奏法です。
3フィンガーはカントリー系のテンポの早い曲に使われるので、まずは4フィンガーに慣れましょう。
手の角度だったり、小指の話があるので、その辺りは参考動画をご覧ください。
もちろんピックで弾くのもありですが、指の方が簡単だと思います!

・低音を最初に鳴らす
・同じ音を2回連続で鳴らさない
・パターンを繰り返す

上手くなるまでこのルールで弾けばそれっぽく聞こえるはず。
この3つを守ってコードを指で分散させて弾きましょう。
最初に弾くべき低音弦はコードダイヤグラムを確認すればすぐに分かります。
例えばCコードだと

×は弾かないので、5弦が一番低い音になります。
つまり5弦を最初に弾くということです。
コード表の一番低い音から弾くと覚えておけば良いでしょう。
C、D、E、F、G、A、Bをまとめると
E、F、G:6弦
C、A、B:5弦
D:4弦
から弾くのが基本になります。
ジャカジャカする時も何弦から弾くコードなのか考えながら練習して、少しずつ覚えていきましょう!

キレイに聞こえるパターンを1つ紹介。
低音→3弦→2→3→1→3→2→3
コードが変わるところで切りながら繰り返すだけで曲っぽく弾ける王道パターンです。

まずはこのパターンを手に覚えさせることから始めるのが良いと思います。
ネットにいくつか紹介されていますが、アルペジオのパターンに決まりなどありません。
キレイに聞こえる弾き方を自分で編み出していけばOK!
2、3本同時に弾いたり、低音を増やしてリズムを変えたり、自由にアレンジして弾いてみましょう。

王道パターンからムリやり変えながらaikoのカブトムシを演奏してみました↓↓↓

文字だけでは難しいと思うので参考動画をどうぞ↓↓↓

弦をしっかり押さえて音を伸ばすのがキレイに響かせるポイントです。
最初はそんなこと気にせず担当する弦をしっかり弾けるように頑張りましょう!
ジャカジャカに混ぜても最高に楽しいのでぜひ習得してくださいね(*・ω・)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
★コメントはツイッターでお願いします。
★ゲームブログ「無垢ログ」も絶賛稼働中!
スポンサーリンク