アコギ初心者の練習曲!スピッツのチェリーでFコードを克服

Fコードを含むコードチェンジの練習をしましょう。
今回は初心者に定番、スピッツのチェリーを紹介します。
Aメロ、サビにはバレーコードがFしか登場しないのでおすすめです!

コード譜はUフレットをご覧ください。

ストローク

紹介するストロークは理想のため、レベルに合わせて振る回数を減らしましょう。
難しい時はダウンストロークを1回にするなどして練習してください(*_ _)
経験上、コードチェンジの練習に集中した方が上達は早くなると思います。

↓↓(↓)↓↑
( )を強く弾いて強弱を付けるのがポイントです。
最初の↓↓で6~4弦辺りだけを弾くとアクセントを付けやすくなります。

弦をミュートしてこの音が出せるように練習しましょう。
(全ての弦に軽く触れた状態で弾く)

早速ですがAメロ半分をゆっくり弾いてみました。
(イントロは抜き、手で直接弾いています)


次のストロークができると原曲の雰囲気にグッと近づきます。
先ほどのストローク+αといった感じです。
↓↓(↓)↓↑+↑↓(↓)↓↑

実際に弾いてみるとこんな感じ。


↓↓(↓)↓↑を1、↓↓(↓)↓↑+↑↓(↓)↓↑を2とすれば、Aメロを2、サビを1のストロークパターンで弾くとイイ感じになります。
正確にはサビの少し前から1ですが、その辺はコードチェンジがスラスラできると手が勝手に対応してくれます。

1番だけ通して弾いてみたので参考にどうぞ。

F→G→Cの進行

サビの最後に早いコード進行が出てきます。
バレーコードが弾けるならばハイコードを使って楽にする方法があります。

Gをこうして

Cをこうする

これならFの形のままフレット移動して弾けるので簡単です。
ただ、Cの押さえ方はFより難しいと言われる形になるので練習が必要かも。
画像のように下3つを薬指1本で押さえても良いので、好きな方を使ってください。
画像は他記事より

模範演奏ではローコードで弾きましたが、案の定しくじりました。
ピタッとキレイに鳴らすのは意外と難しいのでよく練習してください。
もちろん紹介したハイコードを使っても、同じ雰囲気の音が鳴りますよ!

Cadd9

Uフレットのコード譜にCadd9が出てきますがCで弾いてもOKです。
ちなみに模範演奏はCで弾いています。

Fコードをチェリーでマスターできるように頑張りましょう!
押さえ方のコツはこちらに書いたので参考にしてください↓↓↓
アコギ初心者がバレーコードを鳴らすには?押さえ方のコツとアドバイス

スポンサーリンク