アコギ初心者が最初に弾き語る練習曲は??短期習得の効率的な練習方法

どうもこんにちは、アコギ歴7ヶ月の筆者です。
弾き語りの練習は捗っていますか?
今回は筆者の体験を基に、選曲と練習方法に関して書きたいと思います。

弾けるようになった秘訣を参考にどうぞ(*_ _)

はじめの選曲

基本的には自分の弾きたい曲を選べばOKです。
そうと分かれば楽譜を検索して早速練習しましょう。

( ゚Д゚)

そう簡単に行くワケもなく難しい曲にブチ当たると挫折しますよね・・。
中には押さえるのにコツがいるバレーコードを多用している曲もあります。

バレーコードはこんな押さえ方↓↓↓

弾き語りはコードチェンジさえスムーズにできれば弾けるようになります。
上達の近道は各コードを手に覚えさせることです。
筆者の場合、左手のコードチェンジが早くなった頃に右手は自然と動くようになりました。

なので、色々な曲のサビを弾いてコードを覚えるのが効率的だったりします。
J-POP、アニソン、ジブリなど弾いてみたい曲はすぐに調べて練習しましょう。
指の皮が厚くなり音もキレイに鳴り始める頃には、何曲も弾けるようになっているはずです。

おすすめの曲

魔女の宅急便でお馴染みの「やさしさに包まれたなら」はバレーコードが2種出てきますが、練習するには持って来いの曲だと思います。

Uフレット:「やさしさに包まれたなら」
※半音下げチューニングは気にせず、そのまま弾いてもぽく聞こえます。

コードチェンジに集中するためにも、右手のストロークは1、2回でOKです。
鼻歌を歌いながらコードチェンジのタイミングでダウンストロークをして次のコードにつなげましょう。
音は指の皮が厚くならないとキレイに鳴らないので二の次です。

やることが分かれば、後は練習あるのみ!
アコギの弾き語りにおいて大事なことは
・コードチェンジがスムーズ
・指の皮が厚くなる

この2つだと思います。
毎日のように弾いていれば、必ず達成できるはずです。
楽しいギターライフを手に入れるために頑張りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
★コメントはツイッターでお願いします。
★ゲームブログ「無垢ログ」も絶賛稼働中!
スポンサーリンク