アコースティックギターを短期で弾き語る練習方法は??

どうも、アコギ歴7ヶ月の筆者です。
これからギターを始める初心者の方に向けて、弾き語りの練習方法を紹介します。
まだ1曲も弾けなかったあの頃の体験を基に書きました。
曲を弾くために知るべきことなど、参考になれば幸いです。

ギターを買ったら

いきなり曲の練習をすると思わぬ早さで上達するかもしれません。
今思えば基本練習をした覚えがなく、2ヶ月後には何曲も弾けるようになっていました。
ギターが楽しいのは好きな曲が弾けた時です。

何が出来たら弾けるのか書き出すと
・左手のコードチェンジがスムーズ
・右手のストロークが曲に合う

大まかにこの2つだけです。
左手の第一歩は曲に出てくるコードの押さえる弦を覚えること。
右手の第一歩はコードの変わり目で1回だけダウンストロークして曲に聴こえるようにすること。

曲から練習すれば弾けている気分になるので、楽しくて挫折しなくなります
ジャカジャカやるのはコードチェンジがスムーズにできるようになってからにしましょう。

ただし、左手の正しい握り方だけは知っておいた方がいいです。
YouTubeで間違った持ち方で練習している方を見かけるので><

例えばCコード↓↓↓

正解は右の握り方。
注目したいのは親指の位置です。
押さえやすさもそうですが、6弦に軽く触れて音を鳴らさないようにする意味があります。
コードを覚える際は握り方にも注意してください(*_ _)
逆にFコードなどは親指をネックの裏に置きます

押さえる場所はコードダイヤグラムを見れば一目瞭然です↓↓↓
上から1、2、3、4、5、6弦なのでお間違いなく。

筆者の練習方法は

YouTubeの弾き方講座を見ること!!

弾けるようになった秘訣はこれでした。
例えばこんな動画↓↓↓
YUIのGood bye daysの弾き方 初心者のためのギター講座

初心者には難しいコードがでてきますが、なるほどと理解はできるはず。
「ギター 講座」のように検索すればたくさん見つかるので、暇がある時に視聴しましょう。
上に書いたことを頭に置いて、2ヶ月くらい練習あるのみです。

最初はキレイに鳴らなくてもOK

アコギは指の皮がむけて厚くなると突然鳴るものです。
昨日できなかったことが今日はできる!そんな体験を今でも覚えています。
難しいコードに出会っても、立ち止まらず進むのが上達するコツです。
2、3週間、必死に頑張れば変化が現れるので、それまで挫折せず頑張って!

楽譜はコードダイヤグラムで閲覧できるUフレットさんをよく利用しています。
サイト内検索で弾きたい曲を探してみましょう。
クリックやタッチで自動スクロールします

Capoはカポのことです。
持っていなければ±0の曲を選びましょう。
任意に変更できますが、押さえるコードが難しくなるので注意。
カポなしで弾くと音の高さが合わないため若干おかしいことになります。
安いし、ないと今後困るのでぜひ揃えてください。

右手のストロークはコードが変わる時に1回ジャーンとやればOK!
曲に聞こえてくる頃にはコードチェンジがスムーズになっていると思うので、その時に動画講座の弾き方を真似たり、回数を増やしていけばいいです。

今回は長くなりそうなのでこのくらいで。
コードに関してはまたの機会に書きたいと思います。
1曲弾けるように頑張りましょう(*・ω・)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
★コメントはツイッターでお願いします。
★ゲームブログ「無垢ログ」も絶賛稼働中!
スポンサーリンク