意外と難しいCコードを例に押さえ方のコツと握り方を紹介!初心者のアコギ練習法

今回はCコードを例に押さえ方のコツを紹介します。
この記事で伝えたいのは指を立てること、フレットの近くを押さえること!
立てるとはどういうことなのか参考になれば幸いです。

キレイに鳴らない方は握り方もチェックしてみてください(*・ω・)ノ

指を立てる

どのコードを押さえるにしても指が寝ると隣の弦に当たってキレイに鳴らせません。
弦を1本ずつ押さえる場合は指の腹ではなく、先(頭)で押さえるのが基本です。

例えばCコード↓↓↓
押さえる時はフレット(金属の棒)の近くを心がけてください。

指を立てるとはカギカッコのごとく曲げて押さえることです。
さらにCコードはペグに向けて全体を倒すと押さえやすくなります。
手の平とネックの間に空間があることもポイントの1つ。

教則本などで最初に出てくるコードですが、実はキレイに鳴らすのが難しいコードです。
今鳴らなくても大丈夫、指の皮が厚くなると突然できますから!
厚くなることは上達に大きく関わるので、毎日の練習を欠かさないように頑張ってください。
それまでに挫折しなければ、きっと楽しいアコギ生活が訪れますよ!

親指の位置

コードによって親指の位置が変わります。
間違った握り方だといつまでも上達しないので注意しましょう。

親指をネックの裏側に持っていくのはバレーコードだと思えばOK。
例えばFコードのような↓↓↓

Cを例にすると握ったフォームが正解。
右が正しい握り方で、親指は6弦に軽く触れて鳴らさないようにする意味があります。

コードダイヤグラムで確認すると6弦が×になっていますよね。
Cコードは6弦をミュートするか、弾かないようにストロークするコードなのです。
よってこの握り方がベストになるワケ!

力の入れ方で押さえやすさが変わるので、ぜひ正しいフォームを使ってください。
フレットの近くを押さえること、指を立てることはどのコードでも同じです。
爪を短く切ってガッと押さえてやってください(*・ω・)ノ

以上、コードを押さえるコツでした。
当ブログでは筆者の実体験を基に練習方法を書いています。
お時間あれば、他の記事もぜひお読みください(*_ _)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
★コメントはツイッターでお願いします。
★ゲームブログ「無垢ログ」も絶賛稼働中!
スポンサーリンク