ギターを立って弾くには??アコギ初心者がまず練習するべきこと

今回は立って演奏する時の話。
立つと突然弾けなくなることありますよね。
筆者も超初心者の頃は全くダメでした。
今なら分かる、弾くために必要な1つのことを紹介します。

練習方法

何故立つと弾けないのか、答えは簡単です。

指板をガン見しているから!

指板の見える角度が変わるので「うわっ」と思うのですよね。
コードチェンジはどの程度見なくてもできますか??
C、D、E、F、G、A、Bくらいは目を閉じても弾けるようにしましょう。
座った状態で良いので、前にお客さんがいると思って練習してみてください。

慣れてくると4フレット以降の間隔も何となくつかめてくるので、そうなればチラ見くらいで弾けるようになります。
筆者は特別な練習をしなくても、そうして弾けるようになっていきました。
コードチェンジがスラスラできれば、自ずと対応できるのです。
短期上達を目指すなら、何より先にコードチェンジだと思います。
筆者の場合はピックも右手も全て後からついてきましたよ!
結果、2ヵ月でコード譜を見てスラスラ弾けるように

構え方はこちらの動画を参考に↓↓↓

アコギを個人で楽しむ分には立って弾くことは少ないかもしれません。
座って弾き語るにしても、指板のガン見は見栄えが良くないので前を向いて弾けるように頑張りましょう。

それでは練習頑張ってください(*・ω・)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
★コメントはツイッターでお願いします。
★ゲームブログ「無垢ログ」も絶賛稼働中!
スポンサーリンク