藤原さくらさんのsoupで練習!アコギ初心者におすすめのコードチェンジ練習法

藤原さくらさんのsoupでC、D、G、A、B、Emを覚えましょう!
サビ(歌い出し)がコードチェンジのいい練習になるので紹介します。
ドラマ「ラヴソング」の主題歌ですよッ

ストロークは1回ずつ

※右利きギターを例に書いています。

Uフレットさんの楽譜を使用するのでコードダイヤグラムはサイトをご覧ください。
カポを3フレットに付けることをお忘れなく。

G→D→Em→D
年をとっても~(歌い出し)
C→B→Em→C→B→Em
A→D→G

右手はダウンストローク1回で練習しましょう。
こんな感じになります↓↓↓

ストロークを複雑にするのはコードチェンジがスラスラできるようになってから。
soupに限らずどの曲でもこうして1回ストロークで練習すると早く上達します。
鼻歌を歌いながら気が済むまで繰り返してください。

テンポは自分のレベルに合わせてゆっくりにしましょう。
途中でテンポを変えないことが大切です。

Bコードの押さえ方

押さえ方が2つあるので楽な方を使ってください。

筆者は下3つを薬指一本で押さえています。
個人的にはこちらの方が早くチェンジできて押さえやすいです。
1つ目が難しいと思ったらこちらを試してみてください(*・ω・)ノ
人差し指の先で6弦をミュートできると最高です

「恋のsoupを」の所は腕の見せどころなので頑張ってください。

Bのようなバレーコードはキレイに鳴らなくてもOK!
しっかり押さえるには2点ほど必要なことがあるのです。

・人差し指の側面が厚くなること
・握力がつくこと

何度もチャレンジしているとこの2つが自然と身に付きます。
数週間かかることなので、最初は鳴らなくて当然なコードなんです。
まずは他のコードを何とかキレイに鳴るようにしてください。
きっと、いつの間にかバレーコードも押さえられるようになっています!
コツを掴むとはそういうこと!

筆者から伝えることはこれくらい。
後は練習あるのみです!

Cコードの正しい握り方をこちらで書きました。
握り方をチェックしてみてください(*・ω・)ノ
意外と難しいCコードを例に押さえ方のコツと握り方を紹介!初心者のアコギ練習法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
★コメントはツイッターでお願いします。
★ゲームブログ「無垢ログ」も絶賛稼働中!
スポンサーリンク