秦基博「ひまわりの約束」のサビでコードチェンジ!アコギ初心者の練習方法


名曲のサビで楽しく練習!
第4回は秦基博さんの「ひまわりの約束」です。
映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌ですよッ

この曲ではC、D、G、Cm、Em、Dm7、Em7、G7、A7、B7、D#dimを習得できます。
11個と多めですが、よく使うコードばかりなので頑張りましょう。
簡単なストロークでゆっくり練習してください。

ストロークは1回ずつ

Uフレットさんのコード譜を使用するので、コードダイヤグラムはサイトをご覧ください。
カポを3フレットに付け忘れないように!

G→C→D→D#dim→Em
ひまわりのような~(歌い出し)
Em7→Dm7→G7
C→B7→Em→A7
C→Cm→D→G
※初心者版+通常版の1ヶ所をブレンドしました

この記事で紹介するのはサビの後半になります。
前半も使うコードは同じなので、まずは半分練習するのが良いです。
最初はストロークを簡単にしてコードチェンジの練習をしましょう。
色を付けたCは2回弾きます。

こんな感じ↓↓↓

スラスラできるのは数週間かかると思って、気軽に練習してください。
キレイに鳴らなくとも各コードの押さえるべき場所を覚えるだけでも前進しています。
覚えた後は指を指板に同時に落とせるよう、何度も押さえましょう。
手が形を記憶してしまえば、瞬間的に押さえられるようになります。
早くて1週間、練習時間によっては数週間かかる話なので気長にやってください。

難しいと思ったら他の曲のサビを弾いてみるのもありです。
よく使われるコードが分かってくると上達も早くなります。
筆者はそうやって少しずつコードを覚え、気づいたら何曲も弾けるようになっていました(*・ω・)ノ

他曲も参考にどうぞ↓↓↓
弾き語り練習曲

B7の押さえ方

うわっと思うかもしれませんが、押さえてみると意外と簡単。
筆者の場合、まず人差し指を押さえて、それを支点に残りをガッと押さえています。

3つ同時に押さえるのは練習あるのみです。
何日もやっていれば、1つ飛ばしの感覚を手が覚えますよ!

その他、Dm7についてはこちらの記事を参考にどうぞ↓↓↓
アコギ初心者のコードチェンジ練習法!キテレツ大百科「はじめてのチュウ」のサビがおすすめ

筆者からのアドバイスはこのくらいです(*_ _)
コードチェンジができればストロークも自然と上手くなります。
練習頑張ってください(*・ω・)ノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
★コメントはツイッターでお願いします。
★ゲームブログ「無垢ログ」も絶賛稼働中!
スポンサーリンク